きれいに、落とせるのであれば!

「水性」のクレヨンが売られています。

水性クレヨンのいいところは、汚れても水拭きをすれば落としやすいこと。

ただし、机や壁紙、服などの素材によっては、水性クレヨンでも完全に落ちないことがありますので、注意が必要です。

それでも、

「水でふけば、きれいになるんだな」

「子どもって、描いちゃうんだな」と分かっていれば・・

こんな状況に出くわしても、

「おー、やってるやってる!」のあとに(笑)をつけられるくらいに、子どものやっていることを遠くから見守れるかもしれません。


子どもが眠った後に、そっと水拭きをしておきましょうか。。。(笑)