人の本気を、見逃さない

子どもが楽しく絵を描くためには、

大人が楽しんで絵を描いてみせるといいらしいから、

子どものために楽しそうに絵を描いてみる。


けれども、大人のそういう楽しい“ふり”を

子どもが簡単に見やぶるから、むずかしいところです。


大人が本気で書こうとするもの、例えば

問診票、申し込み用紙、受付表。

これには描いちゃだめよ、

これだけは描かないでね、

というものほど、

子どもがペンを持ち出して一緒に描こうとしませんか。


子どもは、人の本気を感じる本能があるのではないかと思うほどです。